MENU

金融系のクレジットカードは審査が甘い

金融系のクレジットカードは審査が甘い分、金利が高いというデメリットもあります。しかも消費者金融という今までのイメージもあり、法定外の金利で貸し付けをしているのでは、といった疑念も生じがちです。
確かに以前はその様なこともあり、今では法が改正され、法定内の金利が正しく定められ、現在に至っています。
以前の高い金利を支払っていた方などは、弁護士や税理士などのサポートを受け、多く支払った金利を返還してもらう過払い金返還をしてもらっています。

 

現在は適正な金利といっても銀行系のクレジットカードと比べると決して低くはないので、長期での支払いには余り向いていません。
消費者金融は無担保による小口の融資になります。現在では各貸金業者は、整理統合がされ、三菱UFJファイナンシャルグループ系を始め、大手の金融会社が運営しているので、安心して取引の申込みと利用が出来るようになっています。

 

そして消費者金融のメリットとしては、スピード融資です。銀行系の融資だと数種類の書類に署名捺印をしたり、印鑑証明書など必要な公的書類の提出があり、その融資実行に結構時間がかかります。その融資が実行されればよいのですが、審査が通らないとなると、今までの融資申込みにかかった手間や時間がまったく無駄となります。

 

消費者金融はその審査基準がシステム化され、厳格な審査基準を設け、受付から審査、融資実行まで適正でスピーディな融資を行っているのです。そして審査が通ってから融資実行まで最短30分程度で行えるようになっているのも消費者金融の強みです。
これらのメリットを上手く活用することで、お金を運用されることが賢い消費者なのかもしれませんね。